【3ヵ月で20名採用!】辰巳化学様採用サイトの成果報告

最終更新: 9月8日

みなさま、あけましておめでとうございます。

中小企業の採用を支援する、オハルラボの野川です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

仕事が好きすぎて年末年始も空き時間を見つけては仕事していたので、

たぶん今年も仕事に生きる1年になることでしょう・・・!

さて。だいぶタイムラグがありますが去年の11月に辰巳化学株式会社様に納品した採用サイトでかなり良い成果がでたので、この記事でシェアしたいと思います。


  1. 辰巳化学様採用サイトのご紹介

  2. 採用サイト制作後に出た成果

  3. 成果を出すためのポイント解説

という3本立てでお送りします~~!

2018年11月に公開した辰巳化学㈱様 採用サイトがこちら


辰巳化学様 採用特設サイト https://www.tatsumikagaku-recruit.com/


元々すでに企業の公式サイト内に採用情報ページはお持ちだったのですが、

募集要項や社員の声がさらっと載せてあるだけの内容薄めのものだったため、

コンテンツ内容を増やした「採用特設サイト」という形で制作しました。

トップビジュアルの「ジェネリックは、日本の医薬品の未来だ。」というキャッチコピーは、今回の採用サイト制作にあたって私が考案したものです。

キャッチコピー下のキャプションも含め、「分かりやすく、かっこよく、ぐっとくる」を意識して制作したのですが、これはなかなか自分でも気に入っています・・・!

私はコンテンツ重視のWEB制作がモットーなので、印象的なコピーと説得力のある文章は特に心がけるようにして制作しました。

また、今回採用サイト制作にあたって若手社員の方20名程にアンケートに協力して頂きました。アンケート収集などの仕事を増やしてしまったのに、快く私の熱量に応えてくださった人事の方には感謝です。

ぜひ「データで見る辰巳化学」のページからご覧ください。

採用サイト公開後の成果

11月5日にサイト公開⇒11月20日時点で採用サイトからの応募2件。

採用サイトを見たというハローワーク経由の応募2件。

なんと約2週間で4名もの応募が!!

また、その後年末のご挨拶で頂いた連絡ではさらなる衝撃の数字が・・・。

(※ご担当者様の許可を頂いて掲載しています。)

3ヵ月で中途採用20名!!!

20名すべてが採用サイトのおかげとまでは言えませんが、それにしてもすごい数字ですね。

それだけ人員を急拡大できる会社の体力にも驚きです・・・。

担当者様も「業界的に目に見える情報が少ない中で会社を知って頂くにはHPが重要なツールであり、そこから情報を発信していくことが良い人財の確保にもつながるのだと実感いたしました。」と書かれていますが、これは本当にその通りなんです。

スマホで就活・転職をする時代だからこそ、WEB上での丁寧な情報発信はすごく大事です。

たまに

ピヨ沢さん

「採用サイトを作っても、たくさんの人に見てもらえる仕組みがないと意味がないのではないですか?」

という質問を頂くことがあるのですが、

私は中小企業にとって採用サイトは、たくさんの人を集めるツールではなく「興味を持ってくれた人を逃がさない」ためのツールだと考えています。

中小企業ほど、うすーーーい内容の人材募集広告を手当たり次第に出すことにお金を使うよりも、適確な人材募集広告×しっかりと会社の魅力を伝える採用サイトにお金を使った方が、良い人財は集まるんです。

ちなみに辰巳化学様では求人応募以外にも採用サイト経由で女子大生の子から会社見学希望の問合せがあったりと、採用サイト公開以降嬉しい結果がどんどん出ています!

なぜこれだけの成果が出せたのか??

なぜこれだけの成果につながっているのか、それは成果が出るようなコンテンツ作り&仕組みづくりを意識してサイト制作を行っているから。これにつきます。

というわけで、WEBサイト制作に際して私が心掛けているポイントを少しだけご紹介します。

①出せる数字はどんどん出して説得力を持たせる

「社員を大切にしています」「働きやすい会社です」

そんなことはどこの会社だって言えること。結局はそれを裏付ける証拠がないと何も響きません。

例えば、辰巳化学様の「男性の育児休業取得率22.5%」「平均残業時間12時間」。

この数字、これまではWEB上に一切載っていませんでしたが、今回の採用特設サイトから大きく&分かりやすく掲載しています。

こうした数字で証明できる良いデータが一番の説得力となり、求職者の方の安心感につながります。

②採用サイトに応募フォームを作ることで選考までの離脱を防止

採用サイトについている応募フォームは「名前・連絡先・希望職種」のみ!!

細かい志望理由や経歴の入力はあえて省いています。

一般の通販サイトでも、購入者情報の入力フォームでの離脱率は約90%と言われています。

なので、応募フォームも同じく出来るだけ入力のハードルを低くしてあげることが大事です。

細かい経歴はその後の履歴書で確認すればいいだけのこと!!!

また、捕捉ですが私は顧客企業の人事担当者様に「WEBからのエントリーがあったら、まずは応募者に電話を一本いれるようにしてください。」とお伝えしています。

これはなぜかというと、人はコミュニケーションする頻度が高いほど好感度が高まるからです。

これは心理学用語ではザイオンス効果(単純接触効果)と呼ばれるものです。

参考:https://pharm-kusuri.com/psychologia/zai.html


①まずは気軽にエントリーしてもらう

②電話でエントリーへの感謝&書類の送付を待っていることを伝えて履歴書送付までの離脱を防ぐ

(ちなみにこの時に応募者の方に「何か分からないことや聞いておきたいことはないですか?」と聞いて安心感を高めてもらうとよりGOODです)

この流れが大事です!!

こういった応募までの導線を含めて、オハルラボでは「成果の出る採用サイト」を構築しています。

今年も良い採用サイトをどんどん作っていきます

というわけで。

振り返ってみれば2018年は採用サイトを制作させて頂いた企業様からたくさんの感謝の言葉を頂き、この仕事をしていて良かったなぁと思える1年でした。

最近ではコーポレートサイトのリニューアルと合体した採用サイト制作という大型案件が多いためかなり忙しくしておりますが、

1社でも多くの企業の採用難を解決したいと思っていますので、今年もご相談・ご依頼をお待ちしております~(*^^*)

19回の閲覧

最新記事

すべて表示

これぞ人が採れる会社のお手本!なクライアント様のブログをご紹介

新入社員が入るごとに情報発信することは、規模の小さい会社ほど非常に大事であり、効果も抜群です。 なぜなら、まさに「求職者の人に安心感や共感を提供できるコンテンツ」だから! 企業側に知っておいてもらいたいのは、求職者の方は不安ということです。 まず何よりも、その不安を解消し

​CONTACT

​お見積もり等、お気軽にご相談ください。

​タグ:石川県,金沢市,北陸,WEBデザイナー,WEB制作,採用サイト,リクルートサイト制作,ホームページ制作,WiXデザイナー,WiX,採用支援,採用コンサルタント,indeed運用